バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

経済速報

米FRB、政策金利0.75%引き上げ、インフレ抑制を優先

【この部分にお好きな文章を入力してください。】 米連邦準備制度理事会(FRB)は2日、政策金利を0・75%引き上げると決めた。利上げ幅は従来の3倍の大きさで、6月会合以来、4会合連続。急ピッチの利上げによる景気後退が懸念されているが、引き続き記録的な…

総合経済対策の出口課題、電気・ガス・ガソリン代に6兆円、家計支援4.5万円

【この部分にお好きな文章を入力してください。】 政府が28日決定した経済対策の目玉は、電気・ガス料金の負担軽減だ。 ガソリン補助金の延長と合わせ、来年1月から9月にかけて、総額6兆円を投じて平均的な家庭の負担を計4万5000円ほど軽減することを目指す…

テスラ、イーロンマスク氏、ツイッター買収完了、CEOなど解雇

【この部分にお好きな文章を入力してください。】 イーロンマスク氏は27日、米ツイッターの買収を完了した。買収額は440億ドル。 マスク氏は、ツイッターのスパムアカウント数について誤解を招く情報を提供したとして、ツイッターの上層部を直ちに解雇…

黒田総裁が強調 日銀が大規模緩和を維持2%の物価安定期まで継続

【この部分にお好きな文章を入力してください。】 日銀は、金融政策を決める会合で、金利を低く抑える大規模緩和を続けることを決めた。 円安が進むなか、景気を引き続き支える必要があるとして、いまの政策を維持する。物価高が進む中、今年度の物価上昇率…

キャンプブームだが、通販会社、競合多くキャンプ用品の在庫かさみ減損

【この部分にお好きな文章を入力してください。】 通信販売事業を展開する「スクロール」(浜松市)では今年の春夏シーズン、キャンプなどアウトドア用品の販売に急ブレーキがかかった。コロナ禍によってブームになったアウトドアだが、新規参入が相次ぎ、価…

関西の今冬の電力、安定供給を確保、原発再稼働カギ

【この部分にお好きな文章を入力してください。】 関西電力子会社の関西電力送配電は28日、今冬(12月~来年2月)の関西エリアの電力需給見通しを明らかにした。 需要に対する供給の余力を示す「予備率」は厳寒を想定しても5・6~7・4%となり、安…

日銀 金融緩和の継続を発表、今年度物価上昇見通しは2.9%に引き上げ

【この部分にお好きな文章を入力してください。】 日本銀行は金融政策を決める会合で現在の大規模な金融緩和策を維持することを決めました。 また、2022年度の物価上昇率見通しについては2.9%に引き上げました。 日銀は、きょうまでの会合で短期金利をマイ…

トヨタ、納車時のスマートキー個数を半減へ、半導体不足影響、2個目は後日提供

【この部分にお好きな文章を入力してください。】 トヨタ自動車は、今後生産を予定している一部の車種について、納車時のスマートキーの個数を2個(電子キー+メカニカルキー)から、1個(電子キー+メカニカルキー)およびメカニカルキーに変更すると2022年…

財政難の京都市、新庁舎に職員が入りきれない、年間6億円超の賃料が必要

【この部分にお好きな文章を入力してください。】 財政難にある京都市が373億円かけて整備している新庁舎に、職員が入り切れない見通しであることが明らかになり、見積もりの甘さに、市民からは不満の声が上がっています。 市民の憩いの場 動物園の値上げ…

キヤノン御手洗氏、地政学リスク、円安で工場の国内回帰鮮明に

キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長は26日の記者会見で、海外の生産拠点で地政学的なリスクが高まっているとして、「工場の存在を根本的に見直そう、時代に合った体制に見直そうというのが大きな課題だ」と述べた。そのうえで「メインの工場を日本に持って帰…

エネルギー価格、2023年に11%下落へ=世銀

世界銀行は26日、エネルギー価格は2023年には11%下落するとの見通しを示した。世界経済の成長鈍化と中国の新型コロナウイルス対策により、さらに下落する可能性もあるという。 エネルギー価格は今年、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて60%上昇…

電気代負担減、効果に疑問符、恩恵感じにくい、給付金の方が良いという声多数

政府が物価高などの総合経済対策をまとめ、値上がりが続く電気・ガス料金の負担軽減策を盛り込んだ。暮らしや企業活動に不可欠な電気やガス。対策にはどれほどの効果があるのか。 電気代、都市ガス、そして燃料費合わせて、数万円程度の負担軽減になるよう最…

独メルセデスもロシア撤退へ 現地子会社を売却

ドイツ高級車大手メルセデス・ベンツは26日、ロシア市場から撤退する方針を明らかにした。 ロシア子会社の株式を、現地の自動車販売企業に売却するという。ロイター通信などが報じた。 売却の具体的内容は明らかにされていないが、メルセデスは財務への大き…

冬のボーナス支給額7割が不満、3位5万~10万円、2位30万~50万円、1位は?

厚生労働省の「毎月勤労統計調査」によると、2021年の平均ボーナスは夏が38万268円、冬が38万787円だったが、今年はどうか。 個人向け金融サービスなどを展開するヒューネル(東京都文京区)は、「冬のボーナス」に関する調査を実施した。その結果、22年冬の…

旅館・ホテルの4割超が増収へ 観光需要回復に期待感高まる

コロナ禍で長く我慢を強いられてきた旅館・ホテル業界で、業績回復への期待感が高まっている。過去1年間に帝国データバンクが調査した全国の旅館・ホテル業のうち、直近の業況が判明した約800社を集計した結果、4割超の企業では前年同期に比べ「増収基調」で…

東芝経営再建、融資得られず 優先権ファンドの計画に暗雲

東芝の経営再建案に関し、優先交渉権を得た国内ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)を中核とする企業連合が、期限までに銀行からの融資の確約を得られない見通しとなったことが26日、分かった。 銀行団の協議がまとまらず、計画に暗雲が漂う。 関係者によ…

グーグルとマイクロソフトが減益、ドル高、景気減速響く

米Googleの持ち株会社アルファベットとマイクロソフト(MS)が25日発表した2022年7~9月期決算は、いずれも純利益が前年同期比で減益となった。景気減速が影響し、ドル高で国外からの収益が目減りした。 アルファベットの純利益は前年同期比27%減の139億1千…

欧州のエネルギー危機が劇的に好転、ガスが予想外の供給過剰

欧州のエネルギー危機が予想外に好転し、ガスがだぶついている。 長らく頼っていたロシアからの輸入が減少し、欧州は貯蔵率を引き上げるため世界各地から液化天然ガス(LNG)の輸入を急いだ。 例年にない温暖な天候とLNGの調達成功で、暖房需要が生じ…

アップル、iPhone14Pro増産、14プラスは需要低迷で減産

米アップルが、需要がさえない新型iPhone「14プラス」を減産すると同時に、高価格帯のiPhone「14Pro」の生産を拡大している。 調査会社トレンドフォースが25日明らかにした。 iPhone14Proが生産に占める比率は当初計画の5…

米ウォール街の賞与、今年22%減の見込み=NY州会計検査院

米ニューヨーク州会計検査院のまとめによると、ニューヨーク中心部マンハッタンにある金融街、ウォール街の投資銀行や証券会社などで働く従業員が受け取った2022年の賞与は昨年より22%減る見通しとなった。 厳しい経済情勢で証券取引や引き受け業務が…

中古車300台以上がすべてロシアに経済制裁の対象外の日本の中古車需要が急増

【この部分にお好きな文章を入力してください。】 ところ狭しと並べられているのは、ナンバープレートを外された中古車、その数300台以上。このあと、これらの車はすべて同じところに運ばれるというのです。行き先は、ロシア。いま、経済制裁下のロシアへ輸…

米総合PMI、10月は47.3  4カ月連続で縮小示す

米S&Pグローバルが24日に発表した10月の米総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は47.3となり、9月の確定値の49.5から低下した。製造業、サービス業ともに顧客需要の低下を報告し、高インフレと米連邦準備理事会(FRB)による政策金利…

トヨタ、EV戦略見直し検討 クラウンなど開発一時停止

トヨタ自動車が電気自動車(EV)事業を巡り、戦略の修正を検討していることが分かった。基本設計のプラットフォーム(車台)も見直しの対象に含めており、2030年までにEV30車種をそろえるとしていた従来の計画の一部は既にいったん止めた。想定以…

中国の9月石油輸入、ロシア産が前年比22%増で首位サウジに肉薄

中国税関総署が発表した9月のロシアからの石油輸入量は前年同月比22%増の746万トンだった。国内精製マージン(利ざや)が低迷する中、独立系精製業者がより安価なロシア産の購入を増やした。 最大の石油輸入相手国であるサウジアラビアからの輸入量は…

21日の円買い介入、過去最大級の5.5兆円か?

市場では、政府・日銀が21日に約5兆3800億円─5兆4800億円の円買い介入を行ったとの推計が出ている。円買い介入としては過去最大規模となる。 日銀は24日、金融機関の手元資金の総量を示す日銀当座預金残高で、25日は財政等要因が1兆180…

中国、第3四半期のGDPを突如発表、年間目標+5.5%は厳しい見通し

中国政府は延期していた第3四半期のGDP=国内総生産を発表しました。前年同期比でプラス3.9%で年間目標であるプラス5.5%前後の達成は厳しい見通しです。 中国の国家統計局は24日、7月から9月のGDPが前の年の同じ時期と比べ3.9%のプラスだったとホームペー…

為替、7円急騰は覆面介入か…事実明かさぬ理由 

21日の夜、円安が急速に進み、一時1ドル=151円94銭という32年ぶりの安値となりました。 ところが、その後一転して円が買い戻され、一時144円台(ロイター通信による)まで急騰しました。 財務省は先月22日に、およそ24年ぶりとなる円買いドル売りの「為替介…

岸田首相、過度な変動へ適切対応、為替介入に対し言及避ける

オーストラリアを訪問中の岸田首相は22日午後(日本時間同)、急激な円安が見られた最近の為替相場に関し、「政府としては投機による過度な変動は容認できず、適切な対応を取る。この方針を維持したい」と表明した。 政府・日銀が大規模な円買い・ドル売りの…

コロナ禍で戸別訪問控え、売上高低迷でNHK受信料の徴収業者が破産 

山形県内でNHK受信料徴収のための訪問業務を請け負っていた仙台市の業者が仙台地裁から破産手続きの開始決定を受けた。決定は7日付。負債総額は今年6月期末時点で約1億1700万円とみられる。他の事業の低迷に加え、コロナ禍で戸別訪問を控えたことが影響した…

百貨店3社、不適切免税で国税追徴、転売目的で化粧品を大量購入する客への販売例も

百貨店、西武百貨店、小田急百貨店、松屋3社への税務調査で、消費税の免税販売の要件を満たさない取引などが見つかり、3社が東京国税局から消費税計約1億1000万円を追徴課税されたことが関係者の話でわかった。同国税局は今年6月、東京都内の百貨店…