バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

新築住宅で実は要らなかった後悔した設備トップ5

お名前.com マイホームを建てる際に、多くの方が悩むのは住宅設備。マイホームを快適にする設備は無数にあります。 しかし、住み始めてから要らない設備だった.と後悔する方も少なくありません。 実際に住んでみないと導入した設備が必要なのか、判断できないこともあるはずです。 下記が要らなかった設備のアンケート結果と順位になります。 5位 和室 近年、新築住宅では全て洋室の住宅がほとんど。とはいえ、日本の情緒を感じられる和室は、導入する方も多いです。 しかし、下記の理由から「和室は不要だった」と後悔している方もいます。  ・物置になっている  ・畳や障子のメンテナンスが手間  ・家具を置きづらく使い勝手が悪い メンテナンスの手間や費用などを考慮して、導入するか検討するのがおすすめです。 4位 食洗機 家事を時短でき、節水にもつながると人気の食洗機。「導入してよかった設備」に選ばれることも多いです。 とはいえ、次のような理由から「食洗機は要らない」と感じた方も多いのです。  ・結局、手洗いが必要  ・手洗いのほうが早い  ・家族が多いとお皿が入りきらない そもそも食洗機は据え置きタイプもあるので、新築住宅完成後に導入することも可能です。食洗機を導入するか悩んでいる方は、後付けでもいいでしょう。 3位 勝手口 勝手口とは、玄関とは別に設置される出入り口のことで、台所やキッチンに備えられることが多いです。一見便利な設備だと思われますが、一度も使われなかったり、冬は雪で開けられなかったりなどとデメリットが多いです。 「出入り口は玄関で十分」と考える方にはいらない設備と言えますね。 2位 浴室乾燥機 雨でも浴室に洗濯物が干せると人気の浴室乾燥機。多くの工務店ハウスメーカーで標準設備として導入されています。 しかし、浴室乾燥機はいらない設備と感じている方が多数いらっしゃいます。また、後付けも可能なため、新築のマイホームに慣れてから検討してもよいでしょう。 1位 ベランダ 昨今、ベランダはいらない設備と考える方が多いです。 下記の理由からベランダは不要だとされています。  ・洗濯物を外に干さない  ・汚れやすく掃除が手間  ・狭くて何もできない 最近の新築住宅ではベランダの代わりに、ランドリールームやサンルームを導入する方が増えてきています。また、ベランダの用途は限られるので、しっかりと目的を決めてから備えることをおすすめします。 以上が新築住宅の要らない設備トップ5選でした。