バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

オーバーウォッチ 2のサービス開始初日に大規模なDDoS攻撃を受ける

Blizzardは、現在本作が大規模なDDoS攻撃(分散型サービス妨害攻撃)にさらされており、マッチメイキングが阻害されていると明らかにした。  オーバーウォッチ 2』のサーバーは現在大規模なDDoS攻撃を受けており、開発チームは被害を和らげようと取り組んでいる。 ソーシャルメディアは、マッチメイキングの失敗や待ち時間の増加を報告するプレイヤーで溢れかえっており、部分的にDDoS攻撃が関係しているようだ。 問題を取り上げている『オーバーウォッチ 2』の公式ページによると、PC版とコンソール版の両方のプレイヤーが「予期せぬサーバーエラー」や、特定のアイテムがコレクションに表示されない問題に遭遇しているという。また、一部のプレイヤーがプレイ中にサーバーから切断される事態も起こっているそうだ。 ハッキングは攻撃は近年増加している。 ユーザーが快適に楽しめるよう早期復旧を願いたい。