バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

10月11日スタートの旅行費が40%OFF(全国旅行支援)どうすれば割引されるのか?

ドメイン取得は最安値0円~|ドメイン取るならお名前.com

コロナ禍で旅行に行く機会を伺っていた人は、この秋に大きなチャンスがやってきそうだ。

観光庁は観光需要喚起策として、旅行代金の40%割引と、土産店などで使えるクーポンがもらえる全国旅行支援を10月11日から実施する。

<割引率>:40%

<割引限度額>交通付旅行商品:8000円(1人1泊あたり)

       上記以外   :5000円(1人1泊あたり、日帰りの場合は1人あたり)

 

<クーポン券>(1人1泊あたり、日帰りの場合は1人あたり)

       平日:3000円

       休日:1000円

 

<期間>:10月11日から12月下旬

 

鉄道やバス、飛行機などの交通費と宿泊費がセットになった旅行商品の場合、1人1泊あたり最大8000円を上限に40%割引。

これ以外の、例えば自分で宿を取る旅行や、日帰りのパックツアーは、最大5000円の40%割引となる。

さらに平日なら3000円、休日は1000円のクーポンももらえるので、平日の旅行の方がお得になり、最大で1人1日1万1000円分の補助が受けられる。

子供も1人扱いになる。

現在実施している「県民割」は対象が近隣地域に限られていたが、「全国旅行支援」ではその名の通り日本中が対象だ。ただし、東京都が少し遅れて20日からの開始となるように、運用は各都道府県に委ねられている。

クーポン券はホテルで配る?

 

ホテルなどで紙クーポンを配るケースが多いのですが、電子クーポンを使う予定の都道府県も多く、そこではGoToトラベルと同じようにスマホに届く場合もあると思います。

 

[クーポンが使える場所は?]

 

都道府県に登録が必要なので、これも都道府県ごとによります。

ただ、県民割をやっているところは、もうすでにクーポン取扱い店舗として登録されているので、そういったところがベースになると思います。

 

 

[子ども料金はどうなる?]

 

旅行商品と一緒に申請していただければ、1人分の扱いになります。「乳幼児ゼロ円」の場合でも1人カウントします

例えば、3人家族が交通費付旅行商品で5万円の1泊旅行をした時は、40%の2万円が割引されて、さらに平日であれば3000円3人分=9000円のクーポンが出る感じになる。

 

[10月11日の前に予約した旅行はどうなる?]

 

国の制度設計としては、既存の予約についても振替や切り替え手続きをしていただくことによって補助できると案内しています。要するに、1回キャンセルして同じ予約を取り直せば割引できるわけです。

ただし、できるかどうかは事業者や都道府県によって変わってくると思います。仕組みとしてはできるんですが実際にできるかどうかは事業者・都道府県によります。

 

[日帰り旅行はどこまで適応か?]

交通費無しで「お宿」だけを申し込む場合です。

例えば、旅行会社にや旅行ウェブサイトで予約する他、お宿のホームページや電話で申し込んだり、直接行く場合でも5000円割引になります。あと日帰り旅行も入ります。

 

[パックの日帰り旅行ではなく、自分で遊園地などに出かけたら割引は受けられる?]

 

そういうパターンはあてはまりません。「どこまでが日帰り旅行なのか」という原則は、各県のご判断によりますが、例えば果物狩りツアーのような「交通付きの旅行商品」として代理店で売っているものが典型的な事例です。

しかし自分で交通を用意して、果物狩りに行く・イベントに行く・遊園地に行く、そういうものは対象にはならないんです。自分でイベントや観光施設に行くだけで、現地で割引が受けられる制度ではありません。

 

全国旅行支援を使う際は旅行会社に確認してから旅行手配をして下さい。