バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

新たな変異株グリフォンとケルベロスが世界で感染拡大、日本でも拡大の可能性

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

コロナウイルス感染の「第8波」到来が懸念される中、海外では、新たな変異株が猛威をふるっています。

 

シンガポールなどで流行しているのが、グリフォンと呼ばれる「XBB」。オミクロン株の新たな変異株です。

感染が拡大しているシンガポールのレオング・ホエ・ナム医師は「グリフォンは今、コロナ感染者数の50~60%を占めている。悪い知らせだが、日本でも非常に速く拡大すると確信している」と言います。

 

アメリカを中心に拡大しているケルベロスと呼ばれる変異株と共に、世界で猛威を振るう2つの変異ウイルス。一体どのような特徴を持っているのでしょうか?

 

オミクロン株の新たな変異ウイルス「ケルベロス」と「グリフォン」。

国立感染症研究所の資料によると、免疫から逃れる力が高く、感染力も高いとされています。

 

オミクロン株「BQ.1.1」通称「ケルベロス

 

国立感染症研究所によると、「ケルベロス」は9月にナイジェリアで報告があり、アメリカ・イギリス・フランスなどの48カ国で確認。日本国内では、10月17日時点で6件が確認されています。

 

アメリカでは、9月の感染者数の割合はわずか0.1%足らずだったにもかかわらず、10月には7.2%まで上昇。今後も上昇することが懸念されています。

 

オミクロン株「XBB」通称「グリフォン

 

グリフォン」も9月、シンガポールで報告され、現在はバングラデシュやインドなど21カ国で確認されています。

日本では、検疫で7件確認されているものの、国内では確認されていません。

シンガポールで急速に拡大しており、9月に確認されて以降、現在は半分近くが「グリフォン」に置き換わっているとみられます。

 

新規感染者数予測データによると、2023年1月を過ぎたところで第8波のような波がくると予測されています。

しかし、これはあくまでも、「新たな変異株の流行などは考慮していない」上での予測になります。

 

オミクロン株なので、高齢者や基礎疾患のない人では重症化リスク低い」とした上で、ウイルスは一般的に弱体化していくが、引き続き感染対策が必要と感染対策が非常に重要である。