バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

75歳医療保険料、14万円増、高所得者の年間上限額引き上げへ

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

政府は、75歳以上が入る後期高齢者医療制度の保険料に関し、高所得者の年間上限額を現行の66万円から80万円程度に引き上げる方向で調整に入った。

対象は加入者の約1%で保険料は年約14万円増える。

年間上限額の引き上げに併せ、中間所得層の保険料も増額する。高齢化で医療費が膨張する中、経済力に応じた負担を求める狙い。

今後詳細を詰め、2024年度の実施を目指す。関係者が8日明らかにした。

 

25年には団塊の世代が全員75歳以上となり、医療費が一層膨らむ見通し。財源の半分弱は現役世代の保険料で賄われており、政府は現役の負担軽減につなげたい考えだ。

中長期を見据えて高齢者に対しての増税は若者が今後、負担する増税になる。

現状の日本のGDPでの増税は将来を不安視する若者がかなり増加するだろう。