バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

ダルビッシュ&鈴木誠也、揺れるWBC出場、代理人説明「難しい判断」「慎重に考慮」

来年3月に行われる「ワールド・ベースボール・クラシックWBC)」で、日本代表・侍ジャパンの命運を左右しそうなのが、メジャーリーガーたちの存在だ。パドレスダルビッシュ有投手とカブス鈴木誠也外野手について、代理人を務めるジョエル・ウルフ氏が8日(日本時間9日)、現状について語った。

 

ネバダ州ラスベガスで行われているGM会議で取材に応じ、検討状況について代弁。ダルビッシュについては「WBCの出場についても、プライベートで話している。

シーズンでたくさん投げたので、慎重に考慮している。

ニュートラルな状況だ」と言うにとどめた。  

パドレスのエースは今季30試合に登板し、チームトップの16勝。ポストシーズンでも2勝を挙げるなどフル回転だった。

ウルフ氏も「素晴らしいシーズンだった。若く見える。圧倒的で、長いイニングを投げられる」と強調。来季37歳を迎える中でも「日本人初の殿堂入りを期待している」と語った。  

鈴木誠也はメジャー1年目の今季、鮮やかなスタートダッシュを披露。故障離脱や不振で苦しむ時期もあったが、111試合に出場して14本塁打、46打点、打率.262と主力を張った。ウルフ氏も「カブスが契約したことを満足しているだろう。

2、3年したらMVP候補になるだろう」と来季以降のさらなる飛躍を見据える。  

一方、WBCについては「何回もWBCについては話した。難しい判断だ」とも。

日の丸を背負う意義の大きさは理解しつつも「彼はスプリングトレーニングを重要視しているし、サポートしてくれるカブスに対して義務感も感じている」と揺れる胸中を明かした。

「現在、熟考している最中で、私とプライベートな会話をした。

カブスはスズキの意向を尊重している。セイヤは球団に感謝している。

参加するかは、まだわからないし、いつになるかわからない」と不透明な状況で、決断は先になる可能性も。侍ジャパンの悲願に向け、動向が注視される。

ダルビッシュ投手に関しては今回のWBCが年齢的にも最後になる可能性が高いので

最高のメンバーでWBCで優勝してくれる事を切に願う。

 

【この部分にお好きな文章を入力してください。】