バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

【生活、激安】SNSで話題沸騰の激安ショップ「SHEIN」原宿に日本初店舗、若者が爆買い!安さの秘密は?

衝撃的な安さで若い世代に圧倒的な人気を誇るSHEIN(シー・イン)が13日、東京・原宿でオープンしました。日本初の店舗型ショールームに4000人が詰め掛けました。

ショールーム ECサイトの欠点を補う  

13日、原宿にオープンしたのは若い人たちに人気のブランド・SHEINのショールームです。SHEINはインターネット上で展開するブランドでファッションに限らず、家具や日用品なども購入できます。  

その特徴は、なんといっても安さ。指輪は5個で80円。他にも、ドレスは996円です。  日本進出は2年前。10代、20代を中心に爆発的に広まっています。  

高校生:「安くてかわいい物がたくさん売られてる」「(Q.周りの人も使っている?)本当に爆買いしてる人もたくさん」「(Q.今まで何回くらい利用した?)10回くらい。一回で2、3000円くらいで買うことが多い」  

ショールームでは直接手に取って、サイズや質感を確かめられるようになります。店舗での販売は行っていないため、商品に付けられた二次元バーコードでサイトから購入します。  午前6時に来たという一番乗りの男性グループはこう話します。  

高校生:「5、6000円くらい使った」「安いので、1000円ぐらいでもいっぱい買える」  商品を見に来た親子:「普段から使っていて興味があった」

「(Q.普段どういう物を買っている?)シュシュとかスマホケースとか洋服も買ってます」  

家にあるSHEIN商品を並べてみると、床一面を覆うほどにもなりました。  

商品を見に来た親子:「これも買っていい?これも買っていい?って言われて、300円ならいっかみたいな」

「(Q.実際使ってみてどう?)サイズが小さかったなというのはありましたけど。

他の物は金額と満足して買えるようなものばかりなので。今回、サイズが見られるという意味ではいいかと思います」  

商品が届くまでサイズや質感が分からないというECサイトならではの欠点をショールームが補っています。

■“少量生産”売れそうな物だけ「増産」  

なぜ、こんなに安く提供できるのでしょうか?ポイントは、少量生産とAI(人工知能)です。  

SHEIN JAPAN・石井つかさマーケティングマネージャー:「新商品を発売する際に、生産量をかなり少ロットで生産。

その商品が売れている数だったり、その販売スピードによって追加生産の量を決めて、その追加生産の量を最適化することで、最終的にはお客様に低価格、お手頃な価格での商品提供というところにつながっています」  

多くのファストファッションが大量生産しているのとは、真逆の発想です。  

どの商品も最初は100個から200個だけしか生産しないというのです。

それをサイトで販売し、動向をAIで分析。売れそうな物だけ増産します。  

商品のアイデアはAIを使った市場リサーチと、世界各地で行っている利用客へのヒアリングから生まれます。  

石井マーケティングマネージャー:「すべてのお客様のニーズをかなえられるように、どういう物が欲しいのか、どういったサービスにすれば良いか常に聞くようにしてる」「(Q.SHEIN東京はそういう場になる?)ブランドとお客様をつなぐハブのような存在になっていきたい」

インフルエンサーとタッグ “相乗効果”も  

また、宣伝方法も独自路線を貫きます。  SHEINが力を入れているのは、強い発信力を持つインフルエンサーとの連携です。  女性2人組は、登録者数18万6000人のユーチューバーです。  

ユーチューバー・びっくえんじぇる:「私たち2人とも100キロ越えなんですけど」  SHEINの製品を紹介した動画の再生回数は14万回。コメントには、「参考になりました」という感想が並びます。  

ユーチューバー・びっくえんじぇる:「私たちの動画を見て、同じくらいの体型の方々が着たら、こういう感じに見えるんだって参考になるのかなと思いますね」  

また、登録者数240万人を超えるティックトッカーは、こう話します。  

ティックトッカー・尼崎のなつみかん:「(Q.SHEIN着て投稿した反応は?)マジエグ。めちゃくちゃ良いですよ。

SHEINの良いところって、こんな派手な服もいっぱいあれば、ママが着られる服とか、清楚(せいそ)系が着られる服とかも多いから、『その服どこで買ったん』とか、いつもめっちゃコメント来ます」  

SHEINにとっては、商品を知ってもらえる。インフルエンサーにとっては、再生回数が伸びるという相乗効果が生まれているのです。  

この戦略について、ファッションのビジネスマーケティング専門家は、こう話します。  文化ファッション大学院大学・首藤眞一教授:「インフルエンサー、SHEINを気に入った人をうまく活用して、そこに属している集団に対して影響を与える。

それが一つの特徴というか、他のブランドと違うところ」

ECのオンラインショッピングやオフラインの店舗を掛け合わせた進化型の店舗であり若者から絶大的に支持されているSHEIN。

今は若者の中で流行り大人を取り込んでいくというのがトレンド。

老若男女まで取り込んでいくのか、今後のSHEINのオンラインのEC、オフラインの店舗展開の展開など大注目である!