バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

地震の震源は三重県沖、なぜ関東・東北が揺れたのか?異常震域の仕組みとは?

14日午後5時9分ごろ、三重県南東沖の深さ350キロを震源とするマグニチュード(M)6・1の地震が発生した。震源に近い三重県などで震度が観測されなかった一方、遠く離れた福島県茨城県で最大震度4を観測した。なぜだろうか。

 

東京大地震研究所の古村孝志教授によると、今回の地震は沈み込む太平洋プレート内で発生した、震源が深い「深発地震」と呼ばれるタイプと考えられるという。プレート内を揺れが伝わったため、プレートの沈み込み口に近い関東・東北地方を中心に揺れが観測された。一方、震源の真上にある「マントル」は軟らかく、プレート部分に比べて揺れが伝わりにくいため、三重県などでは人が感じる揺れはなかったとみられるという。

 

こうした、震源の近くより遠くの地域で大きく揺れる現象は「異常震域」と呼ばれる。三重県南東沖では数年に1度、M6クラスの地震が発生しており、いずれも今回のように異常震域が生じたという。

 

深発地震震源が浅い地震に比べると、一般的に余震は少ないという。古村さんは「深発地震であってもマグニチュードが大きくなれば、震度5以上となることもある。今回の地震を機に、備えを再点検してほしい」と話している。

 

昨今、日本では日常的に地震が各地で起きており地盤プレートが異常をきたしていると予想される。

天災はいつ起きるか予想が不可能なので南海トラフ地震などの地政学リスクを考えると1番リスクが高い場所は都会などの密集地帯や海沿いが危ないと思われる。

地震などの天災が起きないよう切に願うばかりである。