バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

小池百合子知事、タートルネックで節電にアホらしい、省エネ成り立たないと非難轟々の大炎上

 11月18日、東京都の小池百合子都知事は、定例会見で電力不足にともなう省エネ対策として「タートルネック」の着用を呼びかけた。  

都は12月1日から来年3月31日まで、節電キャンペーン「HTT(減らす、創る、蓄める)」を推進。

ウォームビズ」普及へのアイテムとしてタートルネックをあげ、「それぞれ工夫しながら、この冬の厳しいエネルギー情勢、これをみんなで乗り切るための一つのツール」と述べた。

小池都知事は、前日の17日に、新型コロナの感染者が再び増えている現状について、『まさに今が踏ん張りどころ』と発言。過去に何度も繰り返された発言だけに、《何回踏ん張ればいいんだ》《政治を放棄するな》という批判が殺到しています。  

そんななかでの『タートルネック』発言。節電は重要であるものの、国民の共感は得られていないようです」

タートルネックの効能について、「首を温めると体感温度も違うし、風邪ひきにならず、節電にもつながる」と強調した小池都知事。しかし、《根本的な電力不足の解決になっていない》と、ネット上では批判を集める事態に。

《これを工夫っていうのか…着るものだけで省エネが成り立つわけないでしょ》 《イルミネーションとかライトアップイベントを控えるようお願いするとかならまだしも、国民に「タートルネックを着てください」ってなんかアホらしいな》 《わざわざ知事が呼びかけるほどのことでしょうか?他にもっとやるべきことがあるのでは?》 「小池都知事は2018年、東京五輪における “暑さ対策” について、江戸由来の『打ち水作戦』を呼びかけていました。

当時、『打ち水だけではどうしようもない』と揶揄されましたが、今回の発言で、これを思い起こした人も多いようです」

流石に、コロナ禍で我慢し続けていた国民の怒りが爆発したのだと思います。

政府として、エネルギー、原油高騰を抑制したい考えと節電により家計への電気代、ガス代の打撃を回避させる思惑があるのだと考えられるがこれ以上、政府に対して我慢の限界に達しているのが大炎上に繋がったと考えられる。

国民へ要請するなら国民が納得できるような相応のインセンティブの用意は必須である。