バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

マイナンバーカード利点と懸念点について

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

政府は「マイナンバーカード」(マイナカード)の普及と利用の拡大を進めています。総務省によると、2022年10月末時点で、交付枚数率は51.1%にとどまっています。

2024年秋には、現在の健康保険証を原則廃止し、マイナカードと一本化を進める方針です。

カードの申請で最大2万円分のポイントがもらえるマイナポイント事業は今年12月末までとされています。

マイナカードを所持することで、オンラインで特定健診情報や診療・薬剤情報・医療費を確認できたり、コンビニで証明書(住民票の写し、印鑑登録証明書等)を取得できたりするなどのメリットがあげられています。

 

その一方で、マイナカード関連管理システムの膨大な維持費に対する懸念や個人情報の外部漏えいを心配する声があります。

 

これから保険証の一本化、運転免許証も一本化しようとしているマイナンバーカード。

個人情報流出の懸念はあれど保険証や運転免許証が一本化するのは非常に便利だと考えれる。