バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

ツイッターの解雇は終わり、市場は日本が中心

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

ツイッターを買収した実業家のイーロンマスク氏が、「ツイッターレイオフ(整理解雇)は終わり、現在は新規雇用の準備をすすめている」と語ったことを、海外メディアのThe Vergeが伝えています。

マスク氏はツイッターの買収後、約半数の従業員を解雇。先日にはブルームバーグにより、さらなる追加解雇が報じられていました。

一方で必要な従業員を誤って解雇してしまったとして、復帰を求めているとの報道も登場しています。

The Vergeが入手した録音データによれば、ツイッターレイオフをすでに終了しており、現在はエンジニアと営業の役職を積極的に募集しいるとのこと。

なお以前は7,400人近くいた同社の社員は、すでに2,700人強にまで減っていることも報じられています。

一方でマスク氏がテスラでおこなったテキサス州への本社の移動は、ツイッターではおこなわないことも発言しています。

さらに興味深いことに、「ツイッターは日本が中心で、アメリカの3分の1の人口であるにもかかわらず、日本にはアメリカとほぼ同じ数のデイリーアクティブユーザーがいる。

現状は日本中心であるが、全世界の各国で日本のようにしたい」とも述べているのです。 現在はすでに、かなり身軽になった模様のツイッター

今後はスピーディーに新たな機能が追加されるのを期待したいものです。

テスラやスペースXで結果を残しているイーロンマスク氏のツイッターの経営再建と新たな機能がどんなものか大注目である!