バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

自民党、萩生田政調会長、国際会議で日本人だけマスク、第8波でも行動規制かけない

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

自民党の萩生田政調会長は23日、岐阜市で講演し、新型コロナウイルスの「第8波」を巡り、「行動規制をかけずに乗り越えようと考えている」と述べ、飲食店の時短営業などを要請しない考えを示した。

「国際会議でマスクをしているのは日本人だけだ」と指摘し、マスク着用のあり方を見直す必要性も訴えた。

2022年度第2次補正予算案については、「攻めに転じることが大きなテーマだ」と説明。海外に設置した工場の国内回帰を進める企業への支援事業など、「円安に対応した支援策を作った」と強調した。

一方、岸田内閣の閣僚3人が1か月足らずの間に辞任したことにも触れ、「岸田内閣を支える政権与党として責任を共有し、信頼回復に向けて全力で頑張る」と述べた。

 

もう、マスクだけでも十分に国際社会から取り残されている日本政府。

マスクだけでなく、コロナ規制撤廃宣言をして政治家全員がマスクを脱着しないと

国民は世間体があるので動けない。

速やかなコロナ規制撤廃を行なってほしいと願う。