バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

日本、コスタリカ戦で隙突かれ痛恨の敗戦!次戦は強豪スペイン戦

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日、グループリーグ(GL)第2戦の日本―コスタリカ戦が行われ、日本は0-1で痛恨の敗戦を喫した。0-0で迎えた後半36分に失点。DF吉田麻也は「スペイン戦に全てを注がないといけないので、そこに向けて準備したい」とインタビューで前を向いた。

一瞬の隙をつかれた。後半36分。DF吉田麻也のクリアが甘くなったところが繋がらず、コスタリカにボールを奪われた。フレールが左足を振り抜くと、シュートはGK権田修一の伸ばした腕を弾いてゴールネットを揺らした。痛恨の失点。日本は取り返せず、勝ち点を重ねられなかった。

決勝トーナメントに厳しい戦いが続くが、吉田は試合後のインタビューで「相手の守備のブロックを崩せなかったことと、ペースが単調になってしまったのが良くなかった」と日本の戦いを振り返った。

チームとしての戦いは「前半途中から(システム)変更ありましたし、サイドで起点を作りたいと思っていたが、なかなかうまくいかなかった」と振り返った。

次戦も強豪のスペイン戦。決勝トーナメントへ「勝つしかないので。スペインに勝つためにリカバリーと言い準備をして、きりかえて。スペイン戦に全てを注がないといけないので、そこに向けて準備したい」と語った。

 

次戦は激戦になると予想される。

強豪スペインはコスタリカに7−0で勝ってるチームなので日本は再び

ジャイアントキリングなるかに大注目である。