バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

自民党、専守防衛の考え不変、敵基地攻撃能力保有巡り

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

自民党の小野寺安全保障調査会長は27日のNHK番組で、反撃能力(敵基地攻撃能力)について「専守防衛の考え方は変えない。

相手の領土から撃ってくるミサイルを防がなければならず、盾の役割の一環として持つべきだ」と強調した。

公明党の佐藤外交安保調査会長は「相手の武力攻撃を断念させる抑止力として位置付ける意義は(自民党と)共有している」とした。

立憲民主党渡辺周元防衛副大臣は一定の理解を示した。

佐藤氏は、北朝鮮のミサイル技術の進展などを念頭に「今の迎撃システムで全て撃ち落とし、国民の命を守りきれるかという問題意識は共有している」と述べた。

 

昨今、戦争が起き地政学リスクは他国でも広がっている。

日本は必ず安心という概念は捨てた方が良い。