バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

格安航空会社ピーチ、航空機の納入遅れで年末年始の92便欠航へ

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

格安航空会社、ピーチは発注していた航空機の納入が遅れ、年末年始の一部の便を欠航すると発表しました。

欠航になるのは、12月27日から2023年1月13日までに運航を予定していた大阪と新千歳・鹿児島・那覇を結ぶ3路線、合計92便です。

ピーチによると、ヨーロッパの航空機メーカー「エアバス」では、ウクライナ情勢などで航空機の製造が遅れていてピーチが発注していた航空機の納入にも遅れが生じるということです。

ピーチは、納入予定だった航空機を12月から就航するタイのバンコク線でも使用予定でしたが、1日1便しかない国際線の欠航はせず、振替が可能な国内線の欠航を決めました。

航空機の納入遅れはピーチだけでなく国内各社航空会社も旅行需要増加、インバウンド増加で同じ事案になる事が懸念される。