バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

節電、高齢者施設、今季一の寒さで残酷な要請スタート

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

12月に入り、1日は各地で、今シーズン一番の冷え込みになりました。

本格的な冬の到来を迎えた中、冬の期間としては7年ぶりに、全国で政府の節電要請期間が始まりました。

神奈川・横浜市の高齢者施設では、暖房のスイッチは切られ、感染対策で部屋の窓も開けられている中、防寒対策をして仕事をする職員の姿がありました。

施設では“今できる限界まで節電をしている”といいますが、その一方で、電気が欠かせない場所もあるといいます。

お風呂場に案内してくれた施設長が口にしたのは、「ヒートショック」でした。

日本政府の無責任で残酷な要請は無視して良い。

高齢者施設の節電で命を落とした場合、誰が責任を負うのだろうか?

命より大事なものはないので節電要請はあくまでお願いなので必要な電気は使うべきであると強く思うと同時に怒りを感じる。