バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

サッポロビール、ワインなど最大37%値上げ、来年4月1日から

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

サッポロビールは来年4月からワインや焼酎などの価格を最大で37%引き上げると発表しました。 サッポロビールは来年の4月1日からワインや焼酎など71品目の生産者価格を引き上げます。

▼ワインは4%から最大で37.5%値上げし、輸入ワインの「ベリンジャー カリフォルニアカベルネ・ソーヴィニヨン」は1208円から1400円(税抜)に参考小売価格を引き上げます。

▼焼酎は全体の7割以上商品を2.8%から最大で5.3%値上げし、「本格麦焼酎 ささいなた25度」(900ml)は933円から969円(税抜)に参考小売価格を引き上げます。 原材料価格やエネルギー価格が高騰していることなどが理由で、輸入ワインの一部には今年7月に続く"再値上げ"となる商品もあるということです。

アサヒビールキリンビールも来年4月1日からウイスキーなどの出荷価格を引き上げると発表していて、酒類でも値上げの動きが相次いでいます。

生活で関わる全ての値段が来年春から本格的に上昇し、家計への打撃は計り知れない程の負担になることは必至。

電気代が急騰するのは確実で更に食品、飲料、生活必需品が値上がりするので家計負担は未だかつてない程のものになるので日本経済にも大きなダメージになる可能性が非常に高い。