バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

厚労省、新型コロナ、インフルエンザ、同時流行に備え、最大90万人対応へオンライン医療体制強化 

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

この冬の新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、全国の医療機関で最大90万人の発熱患者を診療できるよう、医療提供体制を強化したと厚生労働省が発表しました。

厚労省は、この冬、新型コロナウイルスとインフルエンザが同時流行した場合に、ピーク時に最大で1日75万人の患者が発生すると想定し、各都道府県に対して、発熱外来やオンライン診療などの医療提供体制を強化するよう指示していました。

厚労省がとりまとめた各都道府県が強化した体制では、発熱外来や小児科で87万人、電話やオンライン診療で2万3000人を診ることとし、平日には、1日あたり最大およそ90万人に対応が可能となったということです。

また、土曜日では、最大55万人、日曜祝日では、最大23万人を診療できる体制だということです。

一方、重症化リスクの低い人が自宅療養する際に登録する健康フォローアップセンターの体制も、これまでの1日あたり8万人から全国であわせて20万人に対応できるよう強化されたということです。

現在、コロナ、インフルエンザの同時流行の懸念がある中でオンライン診療が普及すれば

病院の受け入れ拒否や診療の時短、重篤化リスクを軽減できるのでオンラインの医療体制強化は良い施策だと思う。