バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

FAでメジャー史上最大の契約、今季62発のジャッジ、9年493億円でヤンキース残留

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

米大リーグで今季、ア・リーグ新記録となる62本塁打を放ち、ヤンキースからフリーエージェント(FA)となっていたアーロン・ジャッジの残留が決まったと、大リーグ公式サイトが7日、報じた。

総額3億6000万ドル(約493億円)の9年契約で合意し、2019年にブライスフィリーズと結んだ13年3億3000万ドルを上回り、FA選手としてメジャー史上最大の契約だとしている。

ジャッジは今季62本塁打、131打点で2冠に輝き、投打の二刀流で好成績を残したエンゼルス大谷翔平を抑え、リーグ最優秀選手(MVP)を初受賞した30歳。

ジャイアンツとパドレスからもオファーもあったといい、争奪戦をヤンキースが制した。

メジャーリーグを代表するホームラン打者であり今年のMVP選手であるアーロンジャッジ。

来年も記録を塗り替えられるか大注目である。