バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

カナダ中銀、0.5ポイント利上げ、大幅利上げ休止の余地を示唆

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

カナダ銀行中央銀行)は7日の会合で、政策金利の0.5ポイント引き上げを決めた。通常より大きな利上げ幅としたのは、これで6会合連続。

その上で、現行の利上げサイクルをいったん停止する可能性を示唆した。

マックレム総裁率いる政策委員会は、主要政策金利である翌日物金利を0.5ポイント引き上げ、4.25%とした。この水準は2008年の早い時期以来の高さ。

ブルームバーグがまとめた調査では、過半数を若干上回るエコノミストが0.5ポイント利上げを予想していた。

カナダ中銀の声明には「需給の均衡を取り戻し、インフレを目標水準に引き下げるために政策金利を一段と引き上げる必要があるかどうかを、政策委員会は検討することになる」との文言が入った。

これは、通常より大幅な利上げを進める段階は恐らく終了し、微調整の必要性を見極める中で、これまでの積極的な利上げサイクルを休止する余地がカナダ中銀にある可能性を示唆する。

米国で賃金インフレや食料品、サービス価格が急騰しておりインフレが治る気配がないのでカナダも同様でインフレが高止まりする可能性は非常に高い。