バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

中国、習近平主席、サウジ到着で関係強化へ、米、中国の影響力拡大を注視

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

中国の習近平国家主席は7日、サウジアラビアに到着した。

サウジ国営メディアは、リヤド州知事やファイサル外相らが習氏を出迎える様子を放映した。

中国政府は習氏のサウジ訪問をアラブ世界における最大の外交的イニシアチブと位置付ける。サウジは、人権問題や石油減産を巡り米国などとの関係が冷え込む中、中国との関係強化を目指す。

国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は、習氏のサウジ訪問について、中国が影響力行使を目指す行動の一例とし、「中国が世界で拡大しようとしている影響力を注視している」と述べた。

また、米国の中東政策に変更はないとも強調した。

世界最大のエネルギー消費国である中国にとってサウジアラビアは最大の石油供給国。

中東湾岸地域の経済多様化を推進する中でサウジと中国の関係が親密度を増す中、米国は機密性の高いインフラへの中国の関与が拡大することに対して懸念を強めている。

サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は、同国が中国にとって「信頼でき、頼りになる」エネルギーのパートナーであり続けると表明。

中国工場向けの地域センターを国内に設立し、エネルギー供給網における協力を強化すると述べた。

中国外務省の報道官によると、習氏はサウジでの首脳会談のほか、アラブ諸国の首脳会議に参加する計画で、「中国・アラブ関係発展の歴史における画期的なマイルストーン」になるとした。

首脳会談では、1100億リヤル(292億6000万ドル)超に相当する初期契約が調印されるとみられている。

中国はロシア、サウジアラビアと石油を長期契約することになり、石油やエネルギー資源を確保しており、米国との関係に更なる深刻な関係悪化に繋がる懸念が大きくなった。