バズブログ

トレンド、話題の時事ニュース、生活に役立つ情報を発信します。

NISA拡充で非課税期間無期限、知っておきたい基礎知識

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

NISAは投資した金融商品の運用益が期間限定で非課税になる制度で、発表された「資産所得倍増プラン」では今後5年間でNISAの総口座数を3400万口座、投資額を56兆円にそれぞれ倍増する目標が掲げられている。

与党税制調査会との協議などを経て実現に向かうとされる今回のNISA拡充には2つのポイントがある。

まず、非課税期間が無期限になる見通しです。

例えば『一般NISA』で5年間100万円の金融商品を持ち続け、毎年4万円の配当金を得ていたケース。

これまでは5年間の非課税期間を超えて持ち続けていると、配当金に約20%課税されて年約8000円を徴収されました。それが無期限で税金が取られなくなります。

もうひとつのポイントは年間の投資上限枠が拡大されることです。

投資金額が大きいほど当然リターンが増える可能性も高まる。

年金世代の資産の大半を占める銀行預金の金利がゼロに近いなか、NISAを利用して投資するメリットはますます拡大されています。

一般NISAは年間120万円を上限に、国内外の上場株や不動産投資信託REIT)などに幅広く投資でき、非課税期間は5年間です。一方の『つみたて』は年間40万円が上限で、長期投資に向いた投資信託、上場投資信託ETF)のみ購入できる。非課税期間は20年間です。ただともに今回の拡充によって期間、投資枠などは拡大される見通しです

現役時代に貯めたお金を運用して老後資産をより増やしていきたいなら、年間の投資上限額が多く投資先の選択肢が豊富で、高い配当利回りも望める『一般』がよいでしょう。

一方の『つみたて』は長期間にわたって少額でコツコツと投資していくのが基本なので、生活支出が多いなかで少しずつ資産を積み増していきたい現役世代向けと言えます」

 

日本で資産形成をするなら無期限化になる積み立て又は一般NISAを始めることをお勧めします。

長期の資産運用なので最も信用できる老後資金になります。